男性にはわからない、産みの苦しみ……

大変久しぶりの更新になってしまいました。

年明けから、怒涛の日々を1日1日こなしていくことでいっぱいいっぱいになっていました。
まったくふわとろな生活とは縁遠い2カ月間。明日から4月です!

ft

企画開発を担当してこの春で5年目に入るのですが、何年経っても新しいものを作り出すことは、本当に難しいものです。買い物好きで、よくお店を回っては雑貨など見たことのないものを見つけるのがおもしろくて、見つけてはあーでもない、こーでもないということ自体が趣味のようなものになっていましたが、実際、面白いものを作るのって大変なんですよね……。出来上がったものを評価することは簡単ですが、自分で作る側になると、ここまでくるにも製作側も色々と苦労があったんだろうなぁ~と商品評価基準がちょっと甘くなっているような気になっています。

反省…(;一_一)

面白いモノ基準なんてない!

面白いものって人によって様々ですよね。自分が楽しい!と思っても、別の人はまったく感じるところが違って共感してもらえなかったり、これはいいよね!と思うものを「いいね!」してもらえるとうれしくて「やったね!!」とガッツポーズしたり…。
どうであれ、やっぱりまずは自分がいいと思うもの、自分が好きなもの、自分が楽しいと思うものを作ることが最初の1歩だと思っています。自分がいいと思うものでないと、人にも勧められないですからね。(*^_^*)

iine

イヴの悩み

アダムとイヴの時代、蛇の誘惑に負けてリンゴをかじってしまった時から女性の産みの苦しみが始まった、と言われています。

ringo

この産みの痛みは、男性にはとても我慢できないものらしいですね。色々な表現でたとえられているようですけど、これはやっぱり体験しなければわからないでしょう。と言っても、男性には体験はできないので理解不可能な分野。このポイントから察すると、父親と母親では子供に対する愛情の感じ方も違ってくるのは当たり前ではないかと私は思います。母性と父性の違いとでもいいますか…。

kids-hands-03_2148614

新しい商品を生み出すのは、出産と同じようにつらい時期を経て完成されるものだと思っています。ですから、出来上がった時には、愛情がひとしおになるのです。そう、わが子と同じですね!出産が体験できない男性方には、商品開発を体験していただくのも良いのでは。(^.^)/~~~

いよいよ次のステップへ

と、長々産みの苦しみについて書いてみましたが、そんな我々企画チームの新しい子供が誕生します!!試行錯誤の連続で、ついつい妥協しそうになるところを乗り越え、悩みつつ行き着いた、これはぜひ多くの方々にお伝えしたい、お届けしたい自信の新商品なのです❤❤❤

頑張った自分にひとつ!大好きなあの人にひとつ!!

ft

現在、パンフレットやHP用の写真撮影も進行中。

ft

ft

5月に発売予定です~♪ 

MASA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする