24時間タオルのことを考えてたら、 とうとうタオルに追われる夢を見た。その2

世の中の全てを覆うようなタオルに恐れおののき、
もう嫌だーーー!!と叫びながら走り出す。

だんだん自分の脳ミソの限界を感じ始めた今日この頃…
とても悲しいことですが…
たくさんの今日やることが覚えきれません。

朝、会社に着いたら、まず書き出します。
・現在進行形のやるべきこと
・ちょっと先にやらなくてはいけないこと
・未来的にやりたいこと

あとはコツコツ潰していくだけです!
それでもいつも、やりきれてないような焦燥感でいっぱいです。

育てるタオル」ってどんなタオルブランド?

0519_02

今年で5周年を迎える「育てるタオル」にはたくさんのラインナップがあります。
そのすべてに、こだわりの糸を使い、使い心地バツグンです。
みんな少しづつ仕様が異なり、使って欲しいシーンはまちまちです。。

共通するのは、ふわふわに育つこと。
これは「育てるタオル」の譲れないこだわりポイントです。
消耗品としての側面が強いタオルを、永く愛用するものとして捉えているのが、
育てるタオル」の一番の魅力なんです。

その「育てるタオル」のために、わたしが出来ることって何だろう??

育てるタオル」という世界観

0519_01

みんなの心にスーッと馴染んでいくように、
誰もが「育てるタオル」っていいなぁと思えるように、
それでいて、ちゃんと「育てるタオル」はこうだ!と魅せられるように、
そんな世界観を確立していきたい。

新しく生まれ変わる「育てるタオル」は、そういう世界観を大切にしていきます。
だから、いつも最初に考えることは、
育てるタオル」として、アリなのか?ナシなのか?ということ。

今までバラバラだった世界観をひとつに。
それを浸透させることができれば!
育てるタオル」の良さを初めて伝えることができるような気がします。

お部屋に揃えて置いておきたくなるような、そんな存在感でありたい

0519_04

友人宅にて、パウダールームにハンドタオルが重ねて置いてあり、
丁寧なおもてなしに感動した覚えがあります。
手を洗うたびに、新しいハンドタオルを使わせていただけるのです。
もちろんタオルもこだわりの品だったりして…

日々の生活を豊かにするのは、そんな心づかいではないでしょうか。

生活にそっと寄り添うような存在感のタオル…
インテリアになじみ、ライフスタイルに溶け込む。
そんな存在感、なかなかいいと思いませんか。

シンプルな四角いカタチだからこそ!色にこだわろう。

0519_03

そうそれ!いつもタオルは色で選んでた!
なんだか自分の考えがストンと落ちていくのがわかりました。
タオルの企画をするまで、
タオルの機能性なんて考えたことなかったんですね、実は…笑

うちに合うなって思う色をなんとなく買って、
ゴワゴワになっても気にしないで使っていました。

ものを選ぶ理由なんて結構そんなものじゃありませんか?

もとの「育てるタオル」も、とても色にこだわりのあるタオルです。
ありがちなタオルの色とは異なる色が「育てるタオル」にはあります。

新しい「育てるタオル」もその良さを踏襲しつつ、
さらに深みを増すよう、こだわる。
それぞれが単独でいい色であり、組み合わせてもいい配色である。
目指すのは奥行きのある色選びです。

つづく…

Asa

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする